海外旅行先で病気やケガで治療を受けた場合、治療費が高額になることがあります。ソフトバンクかんたん保険の海外旅行保険のキャッシュレス治療サービスでは、治療費は損害保険ジャパン日本興亜から病院に直接支払われるため、お客さまが現金でお支払いする必要がありません。またキャッシュレス治療サービスを利用することの病院への連絡も、海外メディカルヘルプラインが行います。

※各国の政治情勢や医療設備の整っていない地域、事故受付時間帯、事故場所、電話事情によっては、サービスがご利用いただけない、または時間がかかる場合があります。



お手元のソフトバンクかんたん保険「加入者証」の内容を確認いたします。

キャッシュレス治療可能病院の紹介・予約手配をいたします。



キャッシュレス治療対応が可能な病院の窓口で、ソフトバンクかんたん保険「加入者証」をご提示ください。



損害保険ジャパン日本興亜で用意している保険金請求書、または病院備え付けの保険金請求書に必要事項をご記入ください。



これでOKです!医師の診察をお受けください。

※病院によっては診察後に処方箋が出され、別途薬局で薬の購入が必要な場合がありますので、その際はいったんお支払いいただき帰国後に損害保険ジャパン日本興亜へご請求ください。
※キャッシュレス治療手配にもかかわらず、病院から治療費の請求があった場合は、海外メディカルヘルプラインへご連絡ください。
※保険金請求書・診断書を、海外メディカルヘルプラインへ郵送またはファックス送信いただく場合がありますのでご了承願います。



旅行先で万一、病気・ケガになってしまったら…?ソフトバンクかんたん保険の海外旅行保険なら、24時間日本語での対応で、病院の予約や通訳の手配をいたします。
病院/医師の紹介・予約
お客さまの病状、滞在地、診療希望時間帯にあわせて、病院/医師を紹介・予約します。また、宿泊施設に滞在中で緊急の場合は、宿泊施設のフロントと連絡をとり、往診手配・救急車手配をします。

医療通訳サービス
ケガや病気で医師の治療を受けられる場合、必要に応じて、電話による医療通訳サービスを行います。

治療経過管理
通院して受診された場合、その後のお客さまの回復状況、治療内容をチェックしフォローします。入院の場合は、適切な治療がなされているかを主治医と定期的にコンタクトし、チェックします。

ご家族の救援者へのサポート
お客さまが入院された場合、病院へ駆けつけるご家族の渡航のお手伝いをします。

緊急移送手配
事故現場への救急車・救急ヘリ・緊急医療チームの派遣手配、チャーター機・付き添い医師/看護師の手配、移送先となる最寄り先進国の受け入れ病院の手配をいたします。

退院後の帰国手配
帰国便の手配をします。日本の病院へ移る場合、航空会社への患者搭乗手続きを行います。また、主治医の指示に基づく付き添い医師/看護師の手配をします。

遺体送還手配
お亡くなりになった場合、ご遺体の現地火葬手配や、ご遺体の日本への送還手配をします。

※ご加入の内容によっては、ご利用いただけるサービスがかぎられる場合があります。
※各国の政治情勢や医療設備の整っていない地域、事故受付時間帯、事故場所、電話事情によっては、サービスがご利用いただけない、または時間がかかる場合があります。
※「海外メディカルヘルプライン」は「日本エマージェンシーアシスタンス株式会社」および「ウェルビー株式会社」との連携により運営されています。

ソフトバンクかんたん保険のお問い合わせはこちら

←前のページへ戻る


←サービストップ

[0]SoftBankトップ
>商標についてはこちら