フィルタリングサービス

青少年に不適切なサイトへのアクセスを制限する!
フィルタリングサービスとは、お子さまに見せたくない有害な情報が含まれるサイトを画面に表示しないように制限するサービスです。
ソフトバンクでは、年齢に合わせて選べる3つのフィルタリングサービスをご用意しており、アクセス制限の強度により、閲覧できるサイトが異なります。

[1]Yahoo!きっず
[主に小学生前後向け]
⇒ホワイトリスト方式
お子さま向けの安全なサイトのみ閲覧可能にします。
⇒詳しくはこちら

[2]ウェブ利用制限
※標準設定
[主に中学生前後向け]
⇒ブラックリスト方式
子どもの利用に適さないサイトを閲覧不可にします。
⇒詳しくはこちら

[3]ウェブ利用制限(弱)
ウェブ利用制限(弱)プラス
[主に高校生前後向け]
⇒ブラックリスト方式
知識・経験や判断力を必要とするサイトを一部閲覧可能にします。(主張・グラビアなど)。
⇒詳しくはこちら


ホワイトリスト方式とブラックリスト方式について
フィルタリングの考え方には大きく分けて二つあります。
安全と思われるサイトやコンテンツをリスト化し、その範囲内だけで閲覧を許可する管理方法を「ホワイトリスト方式」と呼びます。Yahoo!きっずでは、この方法を採用しています。

これに対し「有害なサイト・不適切なコンテンツ」をリスト化し、その閲覧を制限する管理方法を「ブラックリスト方式」と呼びます。

●無線LAN等で他のISP事業者のネットワークに接続した場合、Web利用制限の対象外となります。
●インターネットのご利用には、通信料がかかります。
●「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。
●記載されている商品、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ページトップへ↑
←ウェブ安心サービストップ


←サービストップ

[0]SoftBankトップ
>商標についてはこちら